こちらでは、カラスによる代表的な被害例を紹介します。

カラスはハト同様、鳥害の代表格に数えられます。鳥類の中では、トップクラスの知能を持ち、対策も一筋縄にはいきません。

ゴミの収集場所を荒らしたり、繁殖期には人を襲ったりも。まずは、カラスの被害について知り、対策を考えることが必要です。

ゴミ場を荒らすカラス
カラス被害としてまず挙げられるのが、ゴミの収集場所を荒らす問題です。 これに対して、よくカラスよけのネットなどを張っているのを見かけます。
しかし、頭のいいカラスはそのネットの隙間からゴミ袋に穴をあけ、やすやすとエサを手に入れてしまうのです。 ゴミの飛散は、周囲の景観を損ねるだけでなく、ネズミなどの餌場になったり、悪臭を発生させたりと衛生面で大きな問題になっています。

人を襲うカラス
テレビや新聞では、よく人を襲うカラスの報道がされています。 この原因は、カラスが繁殖の邪魔をされないように人間を威嚇しているためだといわれています。
都会のカラスは街路樹などの樹木に巣を作り、繁殖をおこないます。 巣の近くに人が来ると、まずは鳴声を出して威嚇してきます。それでも駄目な場合は周囲を旋回。
さらにエスカレートすると、物を落としたり直接襲ってきたりという最終手段に出ます。 カラスが襲ってくるのは習性によるものなので、まず巣作りをさせないことが肝心といえます。

農作物被害
一年間せっせと育ててきた農作物がカラスに食い荒らさるショックときたら、言葉では言い表せないでしょう。 農村部には「ハシボソガラス」といって、都会の「ハシブトガラス」と別の種が分布しています。
このハシボソガラスによる農作物への被害は、長年農家の人々を悩ませ続けてきました。 昔から対策として、かかしや目玉を模した鳥よけが使われてきました。
しかし、これらは設置当初は効果があっても、知能の高いカラスが自分に害を加えてこないことを学習すると効果は薄れてしまうのです。

カラス被害への対策は?
街、住まい、農場と、カラスが及ぼす被害も目をつぶれるものではありません。
当社では、カラス対策にも状況に応じた商品をご用意しております。

カラス光り、ごみ袋、原因となる巣への対処について
レーザーポインターでカラスを追い払う
カラスは増えたのか?撃退と被害
カラス対策の仕事をしていて、カラスの能力の高さに驚かされる。

Copyright ©2016-2018 laserscheap All Rights Reserved.