当社はお客様に一番いい高出力レーザーポインター製品 と100% 満足度のカスタマーサービスを提供いたします。卸売・小売も取り扱う。弊社と取引は安全し信頼できます、顧客から100%良い評判です。

検索ワード: カラス撃退 レーザーポインター 猫用レーザーポインター
ホーム> 画像レーザーポインター> Classレーザークラス 危険評価の概要

Classレーザークラス 危険評価の概要

  • View:29
  • レーザークラス  危険評価の概要
     
    Class Ⅰ 危険なものとみなさない。
     
    Class Ⅱa 400~710nmの可視光帯域のレーザー光が分類されるクラスで、ある一定の時間(1,000秒)以内での観察は危険とみなさないが、1,000秒を越えての慢性的な観察は危険とみなされています。
     
    Class Ⅱ 400~710nmの可視光帯域のレーザー光が分類されるクラスで、慢性的な長時間のビーム観察が危険とみなされている。
    一般的に、目の嫌悪反応(瞬き)により長時間の観察から保護されると位置付けされています。
     
    Class Ⅲa 放射照度のレベルにもよるが、慢性的なレーザー光観察も、一時的なレーザー光観察も危険とされる。光学機器を用いて直接レーザー光を観察することは、危険とみなされています。
     
    Class Ⅲb 一時的であっても、直接グリーンレーザーポインター光を皮膚や目にさらすことが危険とみなされています。
     
    Class Ⅳ 一時的であっても、直接レーザー光を皮膚や目にさらすことが危険とみなされているだけではなく、拡散反射光であっても、皮膚や目に障害をもたらすとみなされています。

    強力レーザーポインター30000mw

  • レーザークラスおよび赤外線についてレーザー装置使用前/使用時の注意点Classレーザークラス 危険評価の概要純銅の溶接欠陥を95%削減する新たなレーザー溶接技術を確立レーザーがペースメーカーに影響を与えるか否か?

Copyright ©2016-2018 laserscheap All Rights Reserved.