当社はお客様に一番いい高出力レーザーポインター製品 と100% 満足度のカスタマーサービスを提供いたします。卸売・小売も取り扱う。弊社と取引は安全し信頼できます、顧客から100%良い評判です。

検索ワード: カラス撃退 レーザーポインター 猫用レーザーポインター
ホーム> 画像レーザーポインター> レーザークラスおよび赤外線について

レーザークラスおよび赤外線について

  • View:23
  • レーザーで周囲の安全を確認しています。
    レーザークラス1Mが6 個(下図A からF 参照)、赤外線ダイオードが2個(下図G およびH 参照)、およびクラス1 レーザーが1個(下図I参照)設置されています。
     
    通常の動作範囲では危険性はありません。
     
    レーザー光は集光しないでください。
     
    レーザーを確認するときは、光学機器(拡大鏡や顕微鏡など)を使用しないでください。
     
    危険(クラス1M レーザー):不可視レーザー放射。10cm 範囲内にて光学機器(拡大鏡や顕微鏡など)でレーザーを確認した場合、眼外傷につながる可能性があります。
     
    警告:本書に記載されている以外の操作や取り扱いを試みた場合、レーザー被ばくにつながる可能性があります。
    レーザークラス1M
    レーザーラベルは首の後ろの柔らかいカバーの下、および底部に貼られています。
     
    お子様にも危険性は通常ありません。
     
    グリーンレーザーポインター光は集光しないでください。
  • X線自由電子レーザーについてレーザー切断と従来の切断方法との比較レーザークラスおよび赤外線についてレーザー装置使用前/使用時の注意点Classレーザークラス 危険評価の概要

Copyright ©2016-2018 laserscheap All Rights Reserved.