当社はお客様に一番いい高出力レーザーポインター製品 と100% 満足度のカスタマーサービスを提供いたします。卸売・小売も取り扱う。弊社と取引は安全し信頼できます、顧客から100%良い評判です。

検索ワード: カラス撃退 レーザーポインター 猫用レーザーポインター
ホーム> 画像レーザーポインター> レーザー切断と従来の切断方法との比較

レーザー切断と従来の切断方法との比較

  • View:26
  • 1) 熱影響が少なく、熱変形が極めて小さく切断精度が向上する。変形し易い薄板の精密切断はもってこいの分野と言える。
     
    2) カラス撃退レーザーの照射によって溶けた部分だけを除去するため、切断幅がレーザーの集光径とほぼ同じ微小な幅で切断できる。
     
    3) 高パワー密度ビームを照射する加工のため、溶融および溶融金属の除去が迅速で、従来の切断法に比べて切断速度が速い。
     
    4) 非接触加工なので、歯の交換などは存在せず、レンズやミラー等の消耗部の劣化による交換頻度は接触除去加工に比べて低い。
     
    5) 切断部の酸化が少ない。特に無酸化切断を行えば、そのまま実用されても、性能劣化は生じないことが確認されている。つまり、切断後の仕上げ加工は省略可能である。
     
    6) 薄板の切断にはパルスタイプのYAGレーザー切断、厚板には連続タイプのCO2レーザ切断の使い分けが一般的であるが、レーザーの使い分けによって多様な板種・板厚の切断加工に応用可能である。
  • ビームとレーザー(光線)位相の揃った電磁波(光)X線自由電子レーザーについてレーザー切断と従来の切断方法との比較レーザークラスおよび赤外線についてレーザー装置使用前/使用時の注意点

Copyright ©2016-2018 laserscheap All Rights Reserved.